• 理想的な介護付き有料老人ホームの選び方

    介護付き有料老人ホームには、大きく分けて3種類あります。

    介護サービスが一体化しているタイプと、外部の介護サービスを利用するタイプ、そしてその両方に対応するタイプです。
    一般的に要介護1から要介護5までの方が入居対象者ですが、自立した生活を希望する方と、万全の介護体制を望む方では、介護付き有料老人ホームに求めることが異なります。また、現在は自立した生活ができる方でも、将来寝たきりになる可能性は否定できないので、スタッフが常駐して介護が受けられる受け入れ状態が必要になるでしょう。料金もタイプ別で異なるので、確認しておきましょう。


    介護付き有料老人ホームのほとんどは、初期費用として入居一時金の支払いがあります。

    老人ホーム紹介情報探しの最新サイトをご用意いたしました。

    敷金と同じ意味合いで支払うものとされています。

    無料のところもあるので、検討したいところでしょう。

    次に、月額費用があります。

    朝日新聞デジタル情報を集めたサイトです。

    これは入居の賃料のことですが、他に必要となる水道光熱費や食費が含まれる場合と、別途支払う場合があります。
    また、外部に介護サービスを委託する場合は、支払が異なることもあるので、契約の前に十分に確認しておきましょう。


    さらに、高齢になると既往病のある方がいるため、通院や交通手段、病院と提携しているのかもチェック項目に入れます。



    支払う費用やサービス内容を把握して、希望条件をかなえ介護付き有料老人ホームを探します。

    ただし、予算を決めて検討するなら、入居する方のお小遣いも計算に入れて考えることが推奨されています。